昼に逢える「キャバ嬢」|昼でも夜でも!いつも遊びに行ける昼キャバやスナックについて
コーヒーカップを持っている女性

昼に逢える「キャバ嬢」

赤いワンピースの女性

お昼からお店を開け、キャバ嬢とのお喋り、美味しいお酒の時間を提供してくれる昼キャバですが、そこは単に「昼から飲める」というお店ではありません。単純に「夜のキャバクラ」が昼に移動してきたというわけではなく、昼キャバならではのさまざまな要素を持っています。たとえば大阪・ミナミには昼キャバにカテゴライズされるお店がたくさんありますが、そこでは同じミナミの「夜のキャバクラ」では逢えないような、「昼ならでは」のキャバ嬢たちとお喋りしながらお酒を楽しめます。
ミナミで働くキャバ嬢という人たちは、専業でやっている人も多いですが「大学に通いながら…」とか「昼にはOLとして働きながら…」という感じの「ながら勤務」をしている人も少なくありません。昼キャバでも基本的にはその事情は同じですが、たとえばOLさんは、お昼は本業の真っ最中でしょうからいない、代わりにお昼は体があいている人妻さんなどが家を出て、ミナミの街に出て昼キャバに出勤しているというケースがあります。
あるいは、同じ女子大生でも、実家住まいで門限が厳しい、そんなお嬢様タイプの清純派JD(女子大生)が、週に1回、午後は授業を入れずに昼キャバに出勤している、というケースも見られます。
このような、昼キャバならではの女の子たちと逢うことができるのです!